<< あと1週間&掲載情報! | Home | 予約は本日締切!! >>
★倉田光吾郎さん!
 H.U.G.「メーク!」いよいよ今週末に迫ってまいりました!

八谷さんのOpenSkyの展示もありますが、トークショーもあります。

1日目12/5金曜日のゲストは、あの!あの倉田光吾氏です!
倉田氏は、あの「装甲騎兵ボトムズ」のスコープドッグを原寸大で作ってしまった鉄鋼アーティストです。

倉田さんのブログより

ボトムズって何よ?って方のために、簡単に説明すると、ガンダムと同じサンライズが製作のロボット・アニメーションです。
その「スコープドッグ」っていうのは、物語に登場する量産型のロボットです。
巨大ロボっていうよりも、もっと現実に近い、“着る戦闘用ロボットスーツ”て感じでリアリティがあってカッコ良かった思い出があります。

http://jp.youtube.com/watch?v=mgjAJx3Asno&feature=related



そんな倉田氏の「鉄」にまつわる話満載のトーク。
お題は・・・
「1/1って素晴らしい(そして大変!)」

あのロボット、カッコイイ!でも見たことない!じゃあ、自分で作っちまえ!
それは誰もが一回は考えるけどやらなかったこと・・・。
その発想と実行力の中に、今回のH.U.G.のサブタイトル「夢を実現させるということ」のヒントが隠されているに違いありません。

物作りをしている人なら、是非とも聞いて欲しいトークです。

ボク自信も、昔、アーティストのお手伝いで溶接やサンダーで鉄を切ったりくっつけたりした経験があることから(責任の少ない部署でしたが・・・)、倉田さんの話は実感持って聞くことができると思います。
(錆の匂いとか、サンダーから出る火花とか、工場は冷えるとか懐かしいです・・・・笑。)
八谷さんのトークと相まって、とっても興味深いトークショーになるのではないですかね〜・・・。

是非来てください!

★トークは予約が必要です!!
http://h-u-g.jugem.jp/?eid=94



<倉田光吾郎プロフィール>
鉄鋼アーティスト。ロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ』に登場したスコープドッグを、鉄を使って原寸大で再現しようとの試みを行ったアーティスト。その製作過程は、自らのブログ『なんでも作るよ。』で報告され、多くのメディアを驚愕させた。その他、中古FIATと重機のキャタピラを合体させた「チンクタンク」など、【なんでも作るよ。やる気になればなんでも作れるはず。】の精神で制作を続けている。
http://www.ironwork.jp/monkey_farm/monkeyfarm
ブログ
http://monkeyfarm.cocolog-nifty.com/nandemo/



★H.U.G.総合ディレクター
増田セバスチャン
category:vol.4「メーク!」 | H.U.G. staff | 17:44 |
copyright©2004-2007 six percent .inc. All Rights Reserved.

RSS1.0 | Atom0.3 | JUGEM